島田ICTコンソーシアム事務局
TEL:0547-36-7127
FAX:0547-34-1425
静岡県島田市中央町1番の1 (島田市戦略推進課内)

活動報告

2017/11/07
島田市立初倉中学校でプログラミング講座を実施しました。
11月7日、初倉中学校の2年生にプログラミング講座を実施しました。 1,2,3組の合計101人が受講しました。 全体的に落ち着いた雰囲気のクラスが多く、初めはパソコンを操作するのもお互いに遠慮しあう雰囲気のチームもありましたが、自分たちで動かしてみる楽しさに触れるにつれて次第に積極性も出てきました。 課題作成では、シナリオ作成に苦戦するチームが多く、高度な技術はあまり使えていませんでしたが、それでも限られた出来る事の中で工夫を凝らし、魅力あるアプリを作成するチームも見られました。 事後のアンケートでは、およそ9割の生徒が「楽しかった」と回答し、評価の高い講座となりました。
2017/10/31
島田市立金谷中学校でプログラミング講座を実施しました。
10月30日,31日の両日、金谷中学校の2年生にプログラミング講座を実施しました。 30日は2,3,4組、31日は1,5組の合計152人が受講しました。 全体に明るいクラスが多く、雰囲気が非常に良い講座になりました。 課題作成では、基本に忠実で高度なプログラミングはそれほど多くなかったものの、内容(シナリオ)で工夫するチームが多く、クラスの明るい雰囲気を反映した笑いと活気のある講座でした。 事後のアンケートでは、9割以上の生徒が「楽しかった」と回答し、今回も評価の高い講座となりました。
2017/10/31
観光イベントにおけるICT活用実践セミナー【茶ービスエリア やっちゃおう(^o^)/】を開催しました
【セミナー報告】 10月26日(水)、第1回プロフェッショナルセミナーとして、「産業ICT実践セミナー」がプラザおおるり3階の大会議室にて開催されました。 「ICT×観光×地域活性」をメインテーマとし、観光イベントと商工業のコラボレーションに、マーケティングと「ICT」を絡め、いかにコンテンツとして話題化させていくか、消費の活性につなげていくかについて、静岡県中部・志太榛原地域連携DMOの片桐 優 氏を講師に招き、実践的な手法についてご講演いただきました。 当日は島田市内の商工関係・観光関係の方々を中心に、29名の参加がありました。 講演では、12月3日に川根温泉をメイン会場に開催される一大観光イベント「川根温泉茶ービスエリア」 でのイベントの狙いや将来への発展性、コンセプトの背景も交え、観光まちづくりのあり方とICTの活用について、他県での事例やデータを基にご説明いただきました。 また、講演の内容に関連した動画の上映や、「川根温泉茶―ビスエリア」イベントでの企画の紹介として、ドローンからの映像をリアルタイムで大画面モニタで来場者にご覧いただくデモンストレーションを行いました。 会場入り口にはデジタルサイネージ(電子看板)を設置し、会場案内やイベントのイメージを交互に表示することで、来場者へのわかりやすい案内や、セミナーへの期待感を高める効果を狙う試みを行いました。 質疑応答では、クラウドファンディングを行うコツについて質問があり、川根のお茶を守るため地域振興に対して募る方法や、チャリティー(茶リティー)といった形で、収益の中から積立てるアイデアなどが例として挙げられました。
2017/10/28
第4回市内小学生向けのプログラミング講座を開催しました。
第4回目の小学生向けのプログラミング講座を島田市金谷生きがいセンター夢づくり会館で開催しました。 天気が悪い中での開催でしたが、25名の参加者が集まり、Pepperを動かしてみるコーナーでは、参加者全員が最低一度はパソコンを操作してPepperを動かしてみる経験が出来ました。 アプリ製作では、県立島田工業高等学校の生徒の熱心なフォローのおかげか、各チーム工夫を重ねたアプリが製作でき、発表もレベルの高いアプリが出てくるなど、活気のある内容となりました。
2017/10/24
島田市立北中学校でプログラミング講座を実施しました。
10月23日、北中学校の2年生A,B組の合計37名にプログラミング講座を実施しました。 1クラスの人数が20名弱であった為、1チームの人数を少なくすることが出来、短い講座の中でもほぼ全ての生徒がPepperの操作を行う事が出来ました。 課題作成では、完成レベルの違いはあるものの、ほぼ全てのチームが動作不良も無くきちんと動作をさせる事が出来ました。一部のチームは、より複雑なプログラムに挑戦するなど、積極的に取り組む傾向が全体的に見られました。 事後のアンケートでは、9割以上の生徒が「楽しかった」と回答するなど、今回も評価の高い講座となりました。
2017/10/21
第3回市内小学生向けのプログラミング講座を開催しました。
第3回目の小学生向けのプログラミング講座を島田第一中学校 地域連携ホールで開催しました。 「パソコンを触ったことが無い」と、尻込みしてしまう児童もいましたが、県立島田工業高等学校の生徒のフォローを受けながらの活動で、時間と共にPepperを動かすことが楽しくなってきたのか、そうした児童も次第に身を乗り出して取り組んでくれました。 課題作成では、例として挙げてある内容では触れていない、プログラムの条件付きループに挑戦するグループもあるなど、高度な取り組みをするケースも見られ、活気のある講座となりました。
2017/10/20
島田市立島田第一中学校でプログラミング講座を実施しました。
10月19日,20日の両日、島田第一中学校の2年生にプログラミング講座を実施しました。 19日は2,3,4組、20日は5,6組の合計140人が受講しました。 課題作成では、最低限と考えているベースとなるレベルの作成がやっとのチームもありましたが、より複雑なプログラミングにチャレンジするチームもあり、結果、上手く動かないなどのトラブルもありつつも、多くの生徒が前に進もうとする取り組みが見られました。 事後のアンケートでは、先週実施した島田第二中学校と同様、およそ9割の生徒が「楽しかった」と回答するなど、こちらも評価の高い講座となりました。
2017/10/18
中小企業でもできる!ホームページ活用の基礎と目的別手法
【セミナー報告】 10月17日火曜日に、島田ICTコンソーシアム 産業ICT導入促進部会による第4回目のセミナーが開催されました。 演題は、「中小企業でもできる!ホームページ活用の基礎と目的別手法」で、株式会社アーティスティックス 代表取締役 長岡善章様を講師に招きました。 当日は、島田市内の企業の方々を中心に11名のご参加を頂きました。 昨今、みなさんの会社でも、ホームページの運営をされていることと思いますが、ホームページを作成する時に、その目的を明確にして作成されていますか? セミナー参加者に問い掛ける形でスタートしたセミナーでした。 経営者様が営業マンであり、現場責任者である中小企業こそホームページを活用すべきです。ホームページ作成のキモは、集客であり自社に適した目的と目標とするゴールを明確にすることが大切だと話されていました。 集客目的の話の中で、焼津市にある某電気店の店内で料理教室・パン教室・ワンちゃんのしつけ教室を行っている事例、写真スタジオでお客さんの写真をBefore・ Afterの形式で紹介している事例、静岡市にある某製造業の会社でホームページに問い合わせのあったお客様に30分以内に連絡を取っている事例など、もっと多くの方々にセミナーを聴講して頂き、自社の事業のヒントにして頂きたい内容が満載でした。 前回セミナーの講師の中溝様もお話されていましたが、中小企業こそICTを使わない手はないのです。「まずは知ること、次にいまから試すこと」を視野に、ICTを積極的に取り入れて下さい。 島田ICTコンソーシアムでは、みなさんの事業に役立つセミナーや勉強会を今後も開催していきますので是非ご参加下さい。
2017/10/13
島田市立島田第二中学校でプログラミング講座を実施しました。
10月12日,13日の両日、島田第二中学校の2年生にプログラミング講座を実施しました。 12日は1,4,6組、13日は2,3,5組の合計192人が受講しました。 クラスによって雰囲気はまちまちで、同じ110分間の講座でも達成度に多少の違いはありましたが、全チームが成果発表までこなすことが出来ました。 事後のアンケートでは9割以上の生徒が「楽しかった」と回答するなど、評価の高い講座となりました。
2017/10/10
島田市立六合中学校でプログラミング講座を実施しました
10月6日に2年A,B組、10月10日に2年C,D組で実施しました。 設置・準備段階からPepperが窓越しに見えた事で、生徒の注意を引いており興味の高さが伺えましたが、いざ講座本番となると、少し引いてしまう生徒も見られました。 そうした状況の中、各チームに入った県立島田商業高等学校の生徒によるアシスタントが、引っ込んでしまいがちなメンバーに声をかけ、チームを良く引っ張る事で課題に向き合う姿が見られました。 時間的な制約が大きいことから、充分とまでは行きませんが、慣れないプログラミングに対して、生徒が協力して課題に対する答えを出していくことができ、興味を持たせるという意味では成果があった講座となりました。