島田ICTコンソーシアム事務局
TEL:0547-36-7127
FAX:0547-34-1425
静岡県島田市中央町1番の1 (島田市戦略推進課内)

活動報告

人材育成部会
2019/10/09
島田市立島田第二中学校でプログラミング講座を実施しました。
10月07,08,09日の3日間、島田第二中学校の2年生6クラス、合計181名にプログラミング講座を実施しました。 <講座内容>「ロボホンで学ぶプログラミング体験講座」 ・ロボホンについて ・ロボホンって何が出来るの? ・ロボホンを動かしてみよう! ・アプリ制作(ロボホンで演劇をしよう) ・発表 ・まとめ <講座の様子>  島田第二中学校の生徒は全体的に積極的に取り組む傾向が見られました。講座の中で、わからない点は進んで質問を行い、アプリ作成では自分たちの実現したい内容に向けてアシスタントと相談をしながら取り組む様子が見られました。 事後のアンケートでは、本講座を「楽しかった」と回答した生徒が181名中166名と比較的に高い評価を得られました。
人材育成部会
2019/10/04
島田市立六合中学校でプログラミング講座を実施しました。
10月03,04日の2日間、六合中学校の2年生5クラス、合計154名にプログラミング講座を実施しました。 <講座内容>「ロボホンで学ぶプログラミング体験講座」 ・ロボホンについて ・ロボホンって何が出来るの? ・ロボホンを動かしてみよう! ・アプリ制作(ロボホンで演劇をしよう) ・発表 ・まとめ <講座の様子>  六合中学の生徒は全体的に授業に真面目に取り組む傾向が見られました。真面目に取り組む中で、グループの中で話し合いを行い、プログラムに創意工夫を凝らしながら講座に取り組んでいました。4日には、市内の小中学校の校長会が六合中で行われた関係で、短い時間ではありましたが、本講座を多くの校長先生方に見学して頂きました。 事後のアンケートでは、本講座を楽しかったと回答した生徒が154名中152名と非常に高い評価を得られました。
人材育成部会
2019/10/04
島田工業高校にて第5回「高校生のためのIoT入門講座」を開催しました
本年度第5回目の「高校生のためのIoT入門講座」を10月3日(木)島田工業高校にて開催しました。 エキスパートコース(全5回)の最終回となります。 島工生6名が参加しました。 この講座では、 1)人の顔を認識し、 2)認識した顔に画像を上書き描画し、 3)その画像を端末間で共有する、 までをゴールとしています。 前回まではそのための理論について学習しましたが、最終回の今回は、「処理途中で止まってしまう」「画像が欠けてしまう」「処理が遅い」などのトラブルシューティングについて学びました。 また、Raspberry Piを実際に文化祭で展示するための環境設定と準備を行い、5回にわたり制作してきた顔認識プログラムがついに完成しました。 受講生が制作した顔認識プログラムは、11月9日(土)に開催される「島工祭」に出展されます。 高校生の力作を、ぜひ文化祭会場でご覧ください。 島田ICTコンソーシアム 人材育成部会 担当:株式会社オカムラ
人材育成部会
2019/10/01
島田第一小学校にて「ドローンを活用したプログラミング学習」を開催しました
9月30日(月)、本年度4回目のドローンプログラミング講座を島田第一小学校で開催しました。 6年生2クラス、64名の児童が参加し、3時間目が2クラス合同の座学、4時間目が1組実技、5時間目が2組実技という時間割で進行しました。 座学では、実際に飛行するドローンの実機を見て、「離陸」「前( )㎝」「左( )㎝」「時計回り( )角度」など、あらかじめ決まった命令をどのように並べればその通りに飛行するのかを考えるミニテストを行いました。 実技では「山中の茶畑から帰れなくなった人を救助するために、その人たちの様子をドローンで撮影し確認する」というテーマで課題にチャレンジしました。 班ごとに撮影するために飛行ルートを考え、どのようなプログラムを組めば実現できるかを検討し、タブレットで入力しドローンを飛ばしました。 撮影した画像を確認するパソコンは2班で1台を使用しましたが、自分の班だけでなく、他の班が撮影した動画も興味深そうに覗き、班どうしで活発に感想を述べあっていました。 思い通り飛行しなかったときは少しずつ修正して再度チャレンジし、先生の助言も聞きながら、問題解決に積極的に取り組む姿勢が印象的でした。 島田ICTコンソーシアム 人材育成部会 担当:株式会社オカムラ
人材育成部会
2019/09/27
島田工業高校にて第4回「高校生のためのIoT入門講座」を開催しました
第4回目の「高校生のためのIoT入門講座」を9月26日(木)島田工業高校にて開催しました。 エキスパートコース(全5回)のうちの4回目となります。 5時限目~7時限目の授業時間を利用し、島田工業高校の生徒6名が参加しました。 この講座では、 1)人の顔を認識し、 2)認識した顔に画像を上書き描画し、 3)その画像を端末間で共有する、までをゴールとしています。 今回は「画像を端末(Raspberry Pi)間で共有表示する」ためのプログラムについての講座です。 画像を送受信するための手段とコマンドについて学習し、実際に高校生がプロブラムを作成しました。 画像の送受信が遅い、途中で止まってしまう、などの問題発生時の対応方法についても検討しました。 次回(第5回)はいよいよ最終回です。10月3日(木)開催の予定です。 島田ICTコンソーシアム 人材育成部会 担当:株式会社オカムラ
人材育成部会
2019/09/25
島田第二小学校にて「ドローンを活用したプログラミング学習」を開催しました
9月24日(火)、島田第二小学校にて、本年度第3回目の「ドローンを活用したプログラミング学習」を開催しました。 6年生2クラス、61名の児童が参加しました。 3時間目に2クラス合同でプログラミングやドローンについての座学、4時間目と5時間目に実際にプログラムを組み立ててドローンを飛ばす実技を行いました。 まず座学では、ドローンが活躍する分野やプログラミングについて、スライドやアニメーションを使って学習しました。 また、ドローンの実機がプログラムで飛ぶ様子を見て、「このドローンはどんな命令で動いているのか?」を考えるミニテストを出題し、答えを挙手で発表してもらいました。 実技では「茶畑に見立てたコンテナに向かってドローンを飛行させ、正面から見えない位置にいる遭難者を撮影し、元の場所まで戻ってくる」という課題に挑戦しました。 班で相談しながらプログラムを考え、できた班は命令をタブレットに入力しドローンを飛ばします。 今年度使用しているドローンは教育用に設計されたもので、「離陸」「前( )㎝」「左( )㎝」「時計回り( )角度」など、あらかじめ動きが設定されたブロックをタブレット上で並べ、数値を入力するだけでプログラムを組み立てることができます。 特殊な言語を使わずにドローンを動かせるとあって、プログラミングやドローンが全く初めての児童でも楽しみながら課題に取り組んでいました。 島田ICTコンソーシアム 人材育成部会 担当:株式会社オカムラ
人材育成部会
2019/09/24
静岡県立島田商業高等学校でアシスタント向けの事前レクチャーを実施しました。
本事業は、市内中学2年生に向けてロボットを用いてプログラミング講座を実施するものですが、その講座を実施するにあたり、アシスタントを担当する県立島田商業高等学校の生徒に対しまして、事前レクチャーを実施しました。 <講座内容>「ロボホンで学ぶプログラミング体験講座」 ・ロボホンについて ・ロボホンって何が出来るの? ・ロボホンを動かしてみよう! ・アプリ制作(ロボホンで演劇をしよう) ・発表 ・まとめ 昨年も同様に事前レクチャーを実施しましたが、1回で60名近い人数で実施した為、全員が十分にロボホンに触れる事が出来た、とは言えなかった反省から、今年は学年毎で2回に分けて実施しました。 機材1セットにつき、2~4名となり、一人当たりの作業濃度を高めることができました。その結果、生徒の講座に対する理解度が深まり、昨年度に比べ演劇の発表まで円滑に進行することができました。 生徒の様子としては、本講座を楽しむ姿勢が全面的に見えつつも、アシスタントとして教える立場になることを自覚し、わからない事に対しては追究している姿が印象的でした。
人材育成部会
2019/09/20
島田工業高校にて第3回「高校生のためのIoT入門講座」開催しました
本年度第3回目の「高校生のためのIoT入門講座」を9月19日(木)島田工業高校にて開催しました。 エキスパートコース(全5回)のうちの3回目となります。 今回は、 1)人の顔を認識し、 2)認識した顔に画像を上書き描画し、 3)その画像を端末間で共有する、までをゴールとしています。 今回は、「認識した顔に画像を上書き描画する」ためのプログラムについての講座です。 画像フォーマットの種類について学び、画像の読み込み、マスクの作成、マスクと顔の合成を行うためのプログラミングを実際に行いました。 生徒たちは、自分の顔の映像に猫や犬等のイラストを重ねながら、プログラムの作成と修正に取り組んでいました。 この講座の成果は、11月9日(土)に開催される、島田工業高校文化祭に出展されます。 高校生の力作を、ぜひ文化祭会場でご覧ください。 次回(第4回)は9月26日(木)の予定です。
人材育成部会
2019/09/20
初倉小学校にて「ドローンを活用したプログラミング学習」を開催しました
9月19日(木)、本年度2回目のドローンプログラミング講座を初倉小学校で開催しました。 3時間目に2クラス合同でプログラミングやドローンについての座学、4時間目と5時間目にクラスごと実際にプログラムを組み立ててドローンを飛ばす実技を行いました。 座学では、ドローンが活躍する分野やプログラミングについて、スライドやアニメーションを使って学習しました。 ドローンが空撮した映像として「蓬莱橋」や「牧之原大茶園」といった、島田市ならではの風景を紹介するなど、ドローンを見たことがない児童にも身近に感じられる内容としました。 また、プログラムの命令を学習した後に、ドローンの実機がプログラムで飛ぶ様子を見て、「このドローンはどんな命令で動いているのか?」を考えるミニテストを出題し、答えを挙手で発表してもらいました。 実技では「茶畑に見立てたコンテナに向かってドローンを飛行させ、正面から見えない位置にいる遭難者を撮影し、元の場所まで戻ってくる」という課題に挑戦しました。 班に分かれて紙の上でルートを計画し、プログラムを考え、できた班は命令をタブレットに入力しドローンを飛ばします。 思い描いたとおりに飛行するか、撮影は成功したかを確認し、失敗したらどこが問題だったのか考え、修正する、という難しい課題です。 児童たちは、スタッフやボランティアの方に手助けをしてもらいながら、試行錯誤を繰り返していました。 ドローンに向かって「がんばれ!」「行け!」などと声援を送ったり、飛行を終えた班に拍手を送ったりと、熱心に取り組む姿が印象的でした。 島田ICTコンソーシアム 人材育成部会 担当:株式会社オカムラ
人材育成部会
2019/09/13
第2回「高校生のためのIoT入門講座」を開催しました
本年度第2回目の「高校生のためのIoT講座」を9月10日(火)島田工業高校にて開催しました。 エキスパートコース(全5回)のうちの第2回となります。 第1回から引き続き、島田工業高校の生徒が参加しました。 この講座では、 1)人の顔を認識し 2)認識した顔に画像を上書き描画し 3)その画像を端末間で共有する までをゴールとしています。 今回は「人の顔を認識する」ためのプログラムについての講座です。 カメラで画像を取り込み、画像の中から顔を検出するための学習データをまとめ、顔と目を検出する、までの一連の流れを学び、実際にプログラムを動かして顔と目の検出を行いました。 島田ICTコンソーシアム 人材育成部会 担当:株式会社オカムラ