島田ICTコンソーシアム事務局
TEL:0547-36-7127
FAX:0547-34-1425
静岡県島田市中央町1番の1 (島田市戦略推進課内)

活動報告

組込みC言語講座(エキスパートコース)9日間の講座が開催されました。
2018/08/31
8月20日(月)~8月30日(木)の間、「組込みC言語講座」を開催しました。
本講座は、エキスパートコースということで、C言語経験者が更なるステップアップを目標とするものです。
参加者は高校生がメインとなりました。

○20日~24日:基礎編
組込みC言語とは何か、基板上の部品(LEDや液晶ディスプレイ、ブザー)やマイコンの機能(A/D変換やポート制御)を使うにはどのようにすれば良いのか、ということを課題を進めながら学びました。
C言語経験者とはいえ、やはり学校の授業でしか扱っていないとのことで、課題には各自がかなり苦戦しながら取り組むことになりました。
しかしながら、各自でメモをとり、時には隣の席の人に聞く、あるいは協力して課題に取り組むなど、積極的な姿勢が見られました。

○27日~29日:応用編
基礎編の内容を踏まえて「ストップウォッチ開発」を2チームに分けて体験してもらいました。
今回は、かなり難易度が高く、100%の完成ではなく、「できなかった部分を冷静に分析すること」を目標にしていました。
難しい課題ではありましたが、Aチーム、Bチームともに全員で「できない課題でもあきらめない」気持ちを持って取り組んでくれました。
結果的に、両チームとも完成にはいたりませんでしたが、スイッチを押せばプッシュ音(ブザー)が鳴る、時間のカウントを液晶ディスプレイに表示する等できる限りの内容を開発してくれました。

○30日:成果発表(振り返り会)
「ストップウォッチ開発」をKPT法(KEEP/PROBLEM/TRY)に従って振り返りをしてもらいました。
各自、自分のできなかった点も冷静に振り返り、分析し、「次にはこうしたい」という目標を新たに持つことができていました。
今回は「失敗した課題の報告」ということで、学生生活では珍しい内容の成果発表会となりましたが、各自、堂々と発表できていたと思います。

○参加者アンケート
「将来、IoT技術を開発するために組込みプログラミングは必要になると思うので、もっと勉強していきたいと思いました。」
「英語のマニュアルから説明を読み取ったり、基板から自分の使いたい部品を探したり、いつも学校でやることとはまるで違っていた。」
「普段やっている部活や授業では、個人でやることが多く今回の講座で実際の業務ではコミュニケーションがとても必要だということがわかりました。」
「エキスパート教育ということで、とても難しい内容で、ストップウォッチが最後まで完成しなかったのがくやしかったです。ですが、ストップウォッチを作る途中で、いろいろなことを学べたので、とても楽しかったです。」
「講座での作業では、分担や話し合いをしっかりやっていないと、自分達の作りたいことが全然できないということが、わかりました。これから自分が就職した時、作業するにはしっかりプランや話し合いをしっかりと立てれたらいいなと思いました。」

非常に難しい講座ではありましたが、学校の授業とは全く違う内容に触れることができ、刺激的な体験になったようです。また、中には自分の進路についても新たな気付きを得られたという学生もおり、大変有意義な講座になりました。

島田ICTコンソーシアム 人材育成部会
担当:株式会社テクノサイト