島田ICTコンソーシアム事務局
TEL:0547-36-7127
FAX:0547-34-1425
静岡県島田市中央町1番の1 (島田市戦略推進課内)

活動報告:人材育成部会

『アンドロイドアプリ開発体験』 講座を実施しました。
2019/09/11
令和元年8月20、21、22、23、24、26、27日の7日間、申込みをしてくださった島田商業高校の1、2年生、島田工業高校の2年生、合計12名にプログラミング講座を実施しました。

<講座内容>「アンドロイドアプリ開発体験講座」

 ○20日:オリエンテーション
 講座実施の目的、自己紹介、開発手順の説明、今回の講座で使用する言語・技術(C#、VisualStudio、Xamarin)の説明を行いました。緊張した面持ちで、真剣に話を聞いてくれました。

 ○21、22、23日:C#の学習
 今回のアプリ開発で必要となる、C#の基礎(記述方法、コーディングルール、基本文法)を、講義と練習問題を通じて学習しました。
最初は、未経験の言語や聞きなれない用語に戸惑っている様子でしたが、機能の目的や、実現したい事を論理立てて説明し、考え方を繰り返し伝えることで、徐々に理解を深め積極的に問題に取り組んでいました。各自がメモを取り、資料を何度も読み返すなど意欲的に学ぶ姿勢を見せてくれました。

 ○24、26、27日:Androidアプリの開発体験
 1人1台のPC、タブレットを使用し、ToDoアプリの開発体験を実施しました。今回の開発では、設計・プログラミング・試験と、実際の業務で行う開発工程の一部を体験してもらいました。
仕様書・設計書に沿って、プロジェクトの新規作成から開始し、画面の作成、表示、アプリ操作時の処理、データベースへのデータの保存をプログラミングしました。最初は、1ステップ1ステップを一緒に進め、徐々に難易度を上げて、問題形式にするなど、実際に自分で考え、学習したことを応用しながら進めてもらいました。自分で作ったものが正しく動いているか、ステップ実行で確認し、最終的には試験項目に沿って各機能の動作を確認しました。全員が自分自身でアプリを開発し、実際にタブレットで動作を確認することが出来ました。
 
 ○27日:まとめ、振り返り
 C#の学習、アプリの開発体験を振り返り、取り組んだこと、分かったこと、次にやりたいことを各自振り返り、グループ内での発表、とりまとめを実施し、最後に全体に向けて各自発表を行いました。生徒一人一人がしっかり目標を持って今回の講座に参加し、成長を実感している様子でした。

全日程を通し、非常に難しい講座ではありましたが、実施後のアンケートでは、全員が『講座にまた参加したいと思う』、92%が『今後もプログラミングを学びたいと思う』という意欲を見せてくれました。
また、講座を通じて「Javaにも生かせる知識があると思うので授業にも反映させていきたい」「授業でアプリケーション作成があるので、今日のことを思い出して作成したい」「丁寧に教えてもらい理解を深めることが出来た」「自分の身になるような教え方をしていただきありがたかった」「今回の内容は、構造や作り方は本当にためになることばかりでした」という回答もあり、大変有意義な講座になったと思います。

島田ICTコンソーシアム 人材育成部会
担当:株式会社テクノサイト